Strawberry Jam 2

1972

Garden Odyssey - The Joker
14 Jan. 1972
A side is co-written by Gouldman
B side is written by Gouldman
Both are produced by Gouldman / Stewart

UK RCA 2159 (demo)
c/w Have You Ever Been To Georgia

UK RCA 2159
c/w Have You Ever Been To Georgia

Garden Odyssey Enterpriseの2枚目のシングル。グループ名を縮めてのリリースです。
このシングルから73年の夏にかけて、RCAからのリリースがぐっと増えます。




Tristar Airbus - Willie Morgan
28 Jan. 1972
A side is co-written by Gouldman
B side is written by Gouldman
Both are Strawberry production

UK RCA 2170 (demo)
c/w Travellin' Man

UK RCA 2170
c/w Travellin' Man

10ccがらみのサポーターズ・ソングの中でも、最も有名な曲。イングランドでも有数の強豪、マンチェスター・ユナイテッド(略称マンU)のサポーターズ・ソングです。Kasenetz−Katzセッション時代のSilver Fleet、Fighter Squadronといい、飛行機に関係する変名が多いのがこの頃の10ccです。A面曲はオムニバスCD「Fab Gear 2」(Jap Polystar PSCR-1053)など、複数のCDで聴くことができます。やはり地元だからか、出来栄えがまるで違います。ノリのよい、リズミカルなメロディで、ギターの音色など10ccそのものです。ヴォーカルはロルのようですが断言はできません。




Peter Noone - Shoo-Bee-Doo-Ah
Mar. 1972
B side is written by Gouldman / Noone

UK RAK 129
c/w Because You're There

DEN RAK 129
c/w Because You're There

GER EMI 1C 006-93 365
c/w Because You're There

POR
c/w Because You're There
Oh You Pretty Things

USA BELL 45131(demo)
c/w Because You're There
Oh You Pretty Things

USA BELL 45131 (demo, red letter label)
c/w Because You're There
Oh You Pretty Things

USA BELL 45131
c/w Because You're There

言わずと知れた、Herman’s Hermitsのヴォーカリスト。マネージャーが同じHarvey Lisberg氏だったこともあり、HH在籍時から特にGrahamとの親交が厚かったようです。これはグループ脱退後のソロ・シングル。B面はGrahamとの共作です。
UKオリジナル盤は未聴ですが、バックにも10ccが入っている可能性が大です。
米盤はA面がDavid Bowie作で、ピアノでゲスト参加もしているという、
マニアには知られたコレクターズ・アイテム。




Everton Football Club - For Ever Ever-Ton
Apr. 1972
A side is written and produced by Gouldman

UK PHILIPS 6006 253
c/w March Of The Gwladys Street Gladiators

UK DIRECT 001(issued circa 2000)
c/w Spirit Of The Blues

72年、彼らはサッカーチームのサポーターズ・ソングを相次いで手がけることになります。
その手始めがこれ。両面ともよく出来た行進曲ではありますが、その後の
彼らのキャリアに役立ったとはとても思えないものです。
B面曲はオムニバスCD「Forever Everton」(UK Cherry Red CD GAFFER 5)
に収録されています。




Manchester City F. C. - Boys In Blue
Apr. 1972
Both sides are written by Godley / Creme / Gouldman
Strawberry production

UK RCA 2200 (demo)
c/w Funky City

UK RCA 2200
c/w Funky City

UK RCA 2200 (solid centre, demo)
c/w Funky City

UK RCA 2200 (solid centre)
c/w Funky City

UK RCA 2654 (demo)
c/w Funky City (reissue)
reissued on 20-2-1976

UK RCA 2654
c/w Funky City (reissue)

UK RCA 2654 (black label, demo)
c/w Funky City (reissue)

POR RCA 20170 E
c/w Funky City

もう一つの地元チーム、マンチェスター・シティFCの曲も、
マンUには一歩譲るものの、力が入っています。
この手のシングルには珍しく、再発されているのも、その証拠といえるかもしれません。
AB面ともオムニバスCD「Blue Moon」(UK Cherry Red CD GAFFER 21)で聴くことができます。




Leeds United Football Team - Leeds United
May 1972
No credit, but on backing track and backing vocals.

UK CHAPTER ONE SCH 168
c/w Leeds Leeds Leeds

お次はリーズ・ユナイテッドです(全く節操のないことで)。クレジットはありませんが、
インタヴューの中でKevinが明言しているものです。
曲調は上のエヴァートンと同系列といっていいでしょう。




Susan Maughan - Everybody Sing
19 May 1972
Produced by Ric Dixon & Eric Stewart

UK RCA 2217 (demo)
c/w I've Gotta Guy

UK RCA 2217
c/w I've Gotta Guy

「Bobby's Girl」の大ヒットで知られる女性歌手のシングル。
EricとRic Dixonの共同プロデュースで、レコーディングもストロベリー・スタジオです。




Lancashire County Cricket Team - Red Rose
circa 1972

UK PYE 7N 45165 (demo)
c/w The Twelfth Man / Ballad Of David Hughes

UK PYE 7N 45165
c/w The Twelfth Man / Ballad Of David Hughes

クリケットチーム名義の、これもサポーターズ・ソングの1種なのかもしれません。
遂に入手しました!!!
実際に届いてみると、アーティスト名が微妙に違っていたほか、B面はThe Twelfth Man名義でした。




Solomon King - When You've Gotta Go
Jul. 1972
A side produced by Harvey Lisberg
B side Strawberry production

UK POLYDOR 2058 258
c/w Life Child

BEL POLYDOR 2058 258
c/w Life Child

GER POLYDOR 2058 258
c/w Life Child


「She Wears My Ring」のヒットもあるヴォーカリストのソロモン・キング。
デイヴ・ベリーに似たタイプです。
B面があのRamasesの曲。ちなみにA面はリンジー・ディ・ポールの曲です。




The Hermits - The Man
8 Sep. 1972
Both sides are produced by Eric Stewart

UK RCA 2265 (demo)
c/w Effen Curly

UK RCA 2265
c/w Effen Curly

ピーター・ヌーン脱退後、リード・ヴォーカルにピーター・カワップを迎えた
新生The Hermitsの2枚目のシングルです。
この作品もEricのプロデュースです。




Neil Sedaka - Beautiful You
Sep. 1972
Session with 10cc

UK RCA 2269
c/w Anywhere You're Gonna Be

GER RCA
c/w Anywhere You're Gonna Be

JAP RCA SS-2214
c/w Anywhere You're Gonna Be

アルバム「Solitaire」に入っていた曲です。日本盤も出ていました。




Festival - Today
6 Oct. 1972
A side is written by Godley / Creme; Kevin on lead vocal
B side is written by Gouldman / Stewart; Eric on lead vocal
Strawberry production

UK RCA 2275 (demo)
c/w Warm Me

UK RCA 2275
c/w Warm Me

UK RCA 2275 (solid centre, demo)
c/w Warm Me

UK RCA 2275 (solid centre)
c/w Warm Me

10ccの4人による変名シングルです。既に10ccとして「Donna」をリリースしていた彼らでしたが、
結果的に「Rubber Bullets」で全英1位を獲るまでは10ccをパーマネントなグループ名に固定せず、
複数の名義でシングルをリリースし続けていました。
A面は、Hotlegsのアルバム「Song」にも入っていた曲ですが、
マルチトラック・ヴォイスの原型とも言えるアレンジがされた別ヴァージョンです。
B面もEricファン必聴の佳曲です。




1973-

Neil Sedaka - That's When The Music Takes Me
Jan. 1973
Session with 10cc

UK RCA 2310
c/w Don't Let It Mess Your Mind

GER RCA
c/w Don't Let It Mess Your Mind

これもアルバム「Solitaire」に入っていた曲です。




Wayne Fontana - Together
May 1973
A side is written by Gouldman
Both sides are Strawberry production

UK Warner K 16269 (demo)
c/w One Man Woman

UK Warner K 16269
c/w One Man Woman

UK Warner K 16269 (solid label)
c/w One Man Woman


A面がGouldman作、B面がFontana作のカップリング。
「Together」はシャーリー・バッシーもカヴァーしていました。




Neil Sedaka - Standing On The Inside
May 1973
Session with 10cc

UK MGM 2006 267
c/w Let Daddy Know

BEL MGM 2006 267
c/w Let Daddy Know

セダカのMGM移籍第1弾シングル。
アルバム「The Tra−La Days Are Over」の先行シングルですが、
日本では発売されませんでした。




Suzette - Thinking About You And Me
25 May 1973
B side is written by Godley / Gouldman / Creme / St. Claire
B side is A Strawberry Production

UK EMI 2029 (demo)
c/w Mama Banana


UK EMI 2029
c/w Mama Banana


GER BELLAPHON BF 18213
c/w Mama Banana

B面のMama Bananaという曲が、Kevin、Graham、Lolらの共作です。
女性バックコーラスがそのままシングルになったような曲です。




Grumble - Da Doo Ron Ron
29 Jun. 1973
B side is written by Gouldman / Godley / Creme /Stewart
Both sides are Strawberry production

UK RCA 2384 (demo)
c/w Pig Bin An' Gone

GER RCA 74-16356
c/w Pig Bin An' Gone

10ccプラスPeter Cowapという布陣の単発ユニット。
A面はRolling StonesやCarpentersも歌っている有名な曲ですが、
ここではグラム調のアレンジ。女声コーラスに聞こえるのは、10ccによるファルセットでしょう。
B面は10cc4人の共作。ドイツ盤まで出ているのには少し驚きました。




Rubber Duckie - Teenager In Love
Jun. 1973
B side is written by Gouldman / Godley / Creme /Stewart
Both sides are Strawberry production

UK EMI 2037 (demo)
c/w Lark

UK EMI 2037
c/w Lark

これも10ccの変名シングル。リードヴォーカルはEricのようです。
テンポのいいポップな曲ですが、有名な曲なのかどうかは、資料がなくて分かりません。
B面は4人の共作によるインストゥルメンタル。




Neil Sedaka - Dimbo Man
Aug. 1973
Session with 10cc

UK RCA 2366
c/w Trying To Say Goodbye
TRYING TO SAY GOODBYE

JAP RCA SS-2274
c/w Don't Let It Mess Your Mind

MGMに移籍したはずのセダカですが、RCAが
前作「Solitaire」からまた1枚シングルカットしてきました。
日本盤はカップリングを変えてB面を表にしてきました。




Neil Sedaka - Our Last Song Together
Aug. 1973
Session with 10cc

UK MGM 2006 307
c/w I Don't Know What I Like About You

上の「Dimbo Man」に対抗してMGMも「Tra−La〜」からの第2弾シングルを出しました。
これは各国盤あるようです。




Friday Brown - A Groovy Kind Of Love
Aug. 1973
Both sides are Strawberry production

UK PHILIPS 6006 324
c/w Salford

High Society、ソロのプロデュースと、Grahamが目をかけてきた女性シンガーの
このシングルは、Mindbendersのカヴァー。しかもバックは10ccです。



Lol - Naughty Nola
circa 1973
Both sides are written and performed by Lol Creme

UK COLUMBIA DB 9009 (demo)
c/w Bumbler

UK COLUMBIA DB 9009
c/w Bumbler

Lolの唯一のソロ・シングル。音の少なさからして、Lolが独りで作ったもののようです。
映像作家を志していたLolらしく、両曲ともサントラの1曲のような出来栄えです。
A面の途中、「ポーリュシカ・ポーレ」のメロディが出てくる個所があって、笑いを誘われます。




Zakatek - I Gotcha Now
circa 1973
Co-engineered by Eric Stewart

UK BELL 1289 (demo)
c/w So Good To You

UK BELL 1289
c/w So Good To You

Alan Parsons ProjectやGonzalezのヴォーカリストとして知られ、現在は布袋寅泰の
マネージャー(!)になっているLenny Zakatekの初期のシングルです。
クレジットはEricのエンジニアリングだけですが、バックも務めているはずです。




Neil Sedaka - The Tra-La Days Are Over (LP)
circa 1973
1. Little Brother
2. Standing On The Inside
3. Alone In New York In The Rain
4. Caribbean Rainbow
5. Let Daddy Know
6. Suspicions
7. Love Will Keep Us Together
8. The Other Side Of Me
9. Rock And Roll Wedding Day
10. For Peace And Love
11. Our Last Song Together
Lol Creme - Guitar, background vocals
Eric Stewart - Guitar, background vocals; Recording engineer
Graham Gouldman - Bass, Guitar, background vocals
Kevin Godley - Drums, Percussion, background vocals

UK MGM 2315 248 SUPER
Initial issue G/F sleeve.

The pictures of 10cc with Sedaka featured on back cover.
GER JAP POLYDOR MP 2412 w/OBI + insert
CD

GER POLYDOR 847 858-2
Issued in 1991.
LOVE IN THE SHADOWS
circa 1976

USA ROCKET PIG-40543
c/w Don't Let It Mess Your Mind

前作に続き、Strawberry Studioでレコーディングされたセダカの復帰第2弾アルバム。
前作ではエンジニアだったEricも今回は演奏に加わり、
実質上セダカ&10ccのアルバムになりました。
英国初回盤はゲートフォールド・ジャケットで、内側はピアノ工場で演奏するセダカ。
裏ジャケには、10ccを交えたレコーディング風景の写真が2枚、載せられています。
米国では発売されませんでしたが、ドイツ盤、日本盤が存在します。
邦題は「ピース・アンド・ラブ」。91年には、CD化もされています。
周囲を赤いラインで囲んでありますが、これは再発時のデザインと同じです。




Scaffold - Liverpool Lou
May 1974
Session with 10cc

UK WARNER K 16400 (demo)
c/w Ten Years After On Strawberry Jam

UK WARNER K 16400 / K 16372
(demo?)
c/w Alan Price

UK WARNER K 16400
c/w Ten Years After On Strawberry Jam

UK WARNER K 16400 (solid label)
c/w Ten Years After On Strawberry Jam

FRA WARNER 16400
c/w Ten Years After On Strawberry Jam

GER WARNER WB 16400
c/w Ten Years After On Strawberry Jam

HOL WARNER WB 16400
c/w Ten Years After On Strawberry Jam

JAP WARNER P-1337 W
c/w Ten Years After On Strawberry Jam

POL NO NUMBER
(4" postcard flexi, 1track)

USA WARNER WBS 8001 (promo)
c/w Liverpool Lou (mono)

USA WARNER WBS 8001
c/w Ten Years After On Strawberry Jam


Paul McCartneyの弟、Mike McGearが在籍しているScaffoldのシングルで、
Paulがプロデュースを担当しています。A面は牧歌的な3拍子の曲で、
間奏でのLolのギズモ・ソロがハイライトになっています。
他にはアクースティックギター、ベース、ドラムなどが入っていますが、
10ccの残り3人かどうかは確信が持てません。
B面はLolのギズモをバックに、3人が雑談を繰り広げるというもので、
エンディングでKevinらしきドラムもちょろっと顔を出します。
なお、同時期にMikeのソロ・アルバム「McGear」もStrawberryで
録音されていますが、こちらはPaul自身がギズモを演奏しており、
10ccの参加がいまひとつ明確ではないので外しました。




Annette & Victor Brox - Rollin' Back (LP)
circa 1974
1. Hold On Till The Train Comes
2. Funky Dixie
3. Trample Down The Weeds
4. In This Time Of Trouble
5. Brox's Boogie
6. Working Man's Blues
7. It's A Beautiful Sunrise
8. Casper's Song
9. Rollin' Back
10. From This World To The Next
Lol Creme - Percussion
Paul Burgess - Percussion, Drums

UK SONET SNTF 663

Aynsley Dunbar RetaliationのメンバーだったVictor Broxのリーダー・アルバム。
Annette Broxはたぶん妻だと思いますが資料がありません。
ジャズ・ファンク的色彩の強いアルバム。
LolとPaul Burgessのクレジットがありますが、
どの曲に参加しているのかまでははっきりしません。




Scaffold - Sold Out (LP)
circa 1975
1. Liverpool Lou
2. Potato Clock
3. Mingulay Boating Song
4. Ramsbottom
5. Beilins Boneyard
6. Liverpool Girls
7. Cokey Cokey
8. Pack Of Cards
9. Mummy Won't Be Home For Christmas
10. Leaving Of Liverpool
11. Julery Shop Lesley
12. Lord Of The Dance
Lol Creme - Gysmo

UK WARNER K 56097

GER WARNER WB 56097
CD

JAP MUSKRAT RATCD-4228 w/OBI, insert

前出の「Liverpool Lou」を含むScaffoldのラスト・アルバム。
日本盤は04年6月25日の紙ジャケCDが初発売でした。




Justin Hayward & John Lodge - Blue Guitar
Sep. 1975
A side is produced by 10cc & Tony Clarke

UK THRESHOLD TH 21
c/w When You Wake Up

BEL THRESHOLD 26.477
c/w When You Wake Up

FRA THRESHOLD 86.511
c/w When You Wake Up

GER THRESHOLD 6.11783
c/w When You Wake Up

HOL THRESHOLD 6101 606
c/w When You Wake Up

JAP THRESHOLD TOP-1989
c/w When You Wake Up

POR THRESHOLD
c/w When You Wake Up

SPA THRESHOLD MO 1527
c/w When You Wake Up

USA THRESHOLD 5N-67021-DJ
(promo)
c/w Blue Guitar (mono)

USA THRESHOLD 5N-67021
c/w When You Wake Up
CD BLUE JAYS

JAP THRESHOLD POCP-2058
CD including Blue Guitar as bonus track.


Moody Bluesの2人がグループの活動休止期に発表した第2弾シングル。
直前に出されたアルバム「Blue Jays」には含まれていない表題曲にだけ、
10ccが参加しています(Tony Clarkeと共同プロデュース)。
なお、日本盤CDにはボーナス・トラックとして収録されています。




John Lees - Child Of The Universe
Jul. 1977
B side features Eric Stewart on acoustic guitar

UK HARVEST HAR 5132
c/w Kes (A Major Fancy)

Barclay James HarvestのギタリストJohn Leesのソロ。
アルバム「A Major Fancy」(下参照)の先行シングル。
Ericの珍しいアクースティックギター・プレイが聴けます。




John Lees - A Major Fancy (LP)
circa 1977 (recorded in December 1972 & January 1973)
1. Untitled No. 1 - Heritage
2. Child Of The Universe
3. Kes (A Major Fancy)
4. Untitled No. 2
5. Sweet Faced Jane
6. Witburg Night
7. Long Ships
8. Untitled No. 3
Eric Stewart on acoustic guitar (3),
Kevin Godley on ashtray, beerbottle & fire extinguisher (4)

UK HARVEST SHSM 2018 (front)

(back)
CD

EC EAGLE EAGCD 107
plus 3 bonus tracks
CD

KOR EAGLE CMCC-9088
plus 3 bonus tracks

EU


72年末から73年初めにかけてレコーディングされ、73年夏には発表予定だったアルバムですが、
何故か発売中止となり、77年になって一部内容を改変して発売されました。
前出のEric参加のBの他、CではKevinが灰皿、ビールびん、
消火器をパーカッション代わりに使っています。
CD化もされており、こちらにはEagles「Best Of My Love」のカヴァーも収録されています。









HOME
copyright2001 A. Oyama