Lol Creme Sessions
& Guest appearances

Sessions

1989年にKevinと別れたLolは、映画制作という夢の実現のため米国へ渡り、LAを拠点として活動を開始しますが、そのとき声をかけてきたのが、『History Mix Vol.1』で共同作業を行ったTrevor Hornでした。90年のInga Humpeを皮切りに,プロデューサー・Hornの片腕としてLolは、当時の先端技術だったコンピュータ通信→インターネットを駆使して、LAにいながらにして英国のHornと共同作業を続けていましたが、やがて映画の夢は破れ、音楽の世界に本格的に戻ってきます。
ちょうどHornも、元Art Of Noiseのメンバーを含めた新バンドを始動させようとしていましたが、レコード会社の意向もあってArt Of Noiseの再編という形になり、LolはAONの新メンバーに加わったのでした。

なお、このページの制作に際しては、「くが」さんのサイト『The Works of Godley & Creme』を参考にさせていただきました。



Art Of Noise

Trevor Horn (bass, voice and keyboards)
Anne Dudley (piano, orchestral arrangement, voice and keyboards)
Paul Morley (metaphors, voice and keyboards)
Lol Creme (guitar, voice and keyboards)


The Seduction Of Claude Debussy
Jun. 1999

1. Il Pleure (At The Turn Of The Century)
2. Born On A Sunday
3. Dreaming In Colour
4. On Being Blue
5. Continued In Colour
6. Rapt: In The Evening Air
7. Metaforce
8. The Holy Egoism Of Genius
9. La Flute De Pan
10. Metaphor On The Floor
11. Approximate Mood Swing No. 2
12. Pause
13. Out Of This World [version 138]

UK ZTT 130CDP (promo CD)
wallet sleeve

UK ZTT 130CDX
(digipack CD)

JAP SONY AICT 119 (released on Dec. 1, 1999)
bonus tracks for Japan only:
Metaforce - The Size Of A Metaphor: mix by Roni Size
Dreaming: Colour Green [brothers in rhythm via Art Of Noise]
CD extra: includes Metaforce promo video
w/OBI+insert

USA ZTT U3P-1445 (advance promo)
12 tracks excludes 5.
stickered wallet sleeve

USA ZTT U3P-1504 (promo 2CDs pack, w/6 cards + plastic bag)
SOURCES & METHODS includes:
1. Moments In Love
2. Close [To The Edit]
3. [Three Fingers Of] Love
4. Beat Box [Diversion 1]
5. A Time For Fear [Who's Afraid]
wallet sleeves both

USA ZTT UD-53235
limited edition w/bonus CD(U5P-1553) includes 4 UK single remixes:
1. Metaforce
2. Metaforce The Sighs Of A Metaphor [remix by Roni Size]
3. Metaforce The Size Of A Metaphor [remix by Roni Size]
4. Metaforce The Beat Of A Metaphor [remix by Rhythm Masters]

Art Of Noiseの新作は、ドビュッシーの曲を現代風に解釈し、ドラムンベースを加えてアレンジしたものとなっています。ただし、クレジット上はすべてAONの作曲とされており、ドビュッシーのどの曲がどのように加工されているのかは容易には分かりません。


Metaforce (single)
1999
Mixed Metaforce (12")
Image

Coming soon

UK ZTT ZTT129T
c/w
(CD single)

UK ZTT ZTT129CD
1. Metaforce
2. Metaforce - The Size Of A Metaphor: mix by Roni Size
3. Metaforce - The Beat Of A Metaphor: mix by Rhythm Masters
(CD single)

UK ZTT ZTT129CD2
1. Metaforce - The Seduction Of A Metaphor: intromix
2. Metaphor On The Floor (Plan 138): mix by Ollie J
3. Metaforce - X-Ray Of A Metaphor: mixed by the Shark Tank

シングルは、12インチと2種のCDシングルが出ています。このほか、プロモ・アイテムが何種類か出ているようです。


Reduction
2000

1. Identity Crisis
2. Motive
3. (New York London Paris) Spleen
4. Saluting The Point Of No Return
5. Man And Boy
6. Information
7. And I Placed My Fingers On Her Eyes As Though
I Were Touching The Silent Controls Of A TV Set

UK ZTT ZTT147CD

前作の続編的な内容を持つミニ・アルバム。当初、前作の再発時のボーナスディスクとして企画されていたようですが(下のEU盤はその形)、単独でも発売されました。ジャケットの色違いが4種類ほど存在するそうです。


The Seduction Of Claude Debussy / Reduction

EU REPERTOIRE REP 4902 (released in 2000), 2CD
w/cartoon sleeve case

JAP ZTT XECZ-1013-14 (released on Oct. 29, 2008), 2CD
bonus tracks for Japan only:
Metaforce - The Size Of A Metaphor: mix by Roni Size
Dreaming: Maroon
Metaforce - X-Ray Of A Metaphor: mixed by the Shark Tank
w/OBI + insert, paper sleeve

上の2枚のアルバムをカップリングしたもの。EU盤は2000年、日本盤は2008年に紙ジャケで発売されました。日本盤にはボーナストラックが3曲収録されています。


Into Vision (DVD)
2002

CONCERT
'A Is For...'
Something Is Missing
Born On A Sunday
Moments In Love
Rapt: In The Evening Air
Metaforce
On Being Blue
Il Pleure (At The Turn Of The Century)
Beat Box
Peter Gunn
Information
Il Pleure (reprise)
La Flute De Pan
Dreaming In Colour

ANNE DUDLEY
Sarabande
Le Sons Et Parfumes Tournent Dans L'air Du Soir

THE INTERVIEW
'A Is For Always...'

REHEARSAL FOOTAGE


UK UNCUT CUT1001
Live at the Coachella Festival, Chicago (10-9-1999), Shepards Bush Empire, London (22-3-2000) and Fountain Studios Wembley (1-6-2002).
On guitar, vocals

1999年9月のシカゴ・コーチェラ・フェスティヴァル、翌年3月のロンドン・シェパーズ・ブッシュ、2002年6月のウェンブリー・ファウンテン・スタジオでのライヴを収録したDVD。Trevor HornとLolの共同プロデュース、Lolの監督。


Reconstructed...For Your Listening Pleasure
2003

Dreaming: Colour Green
Born On A Sunday
Moments In Love
Rapt: In The Evening Air
Metaforce
On Being Blue
The Holy Egoism Of Genius
Beat Box incorporating Close To The Edit
Peter Gunn
Information
Il Pleure
La Flute De Pan
Dreaming In Colour

Live at the Coachella Festival, Chicago (10-9-1999), Shepards Bush Empire, London (22-3-2000) and Fountain Studios Wembley (1-6-2002).
On guitar, vocals

UK ZTT ZTT182SACD (Hybrid SACD)

JAP ZTT XECZ-1015 (released on Oct. 29, 2008)
w/DVD 5.1 surround; w/OBI + insert

『Into Vision』と同じライヴ音源のCD版(曲目に若干の変動あり)。英国盤はSACDのハイブリッド盤で、CDプレーヤーでも再生可能。日本盤は5.1サラウンド音声で収録されています。



(The) Producers
Trevor Horn (vocals, bass)
Lol Creme (guitar, vocals)
Ash Soan (drums)
Stephen Lipson (guitar)

ex-member: Chris Braide

Barking Up The Right Tree (CD single)
Aug. 2007

UK STIFF BUY270P (promo)
c/w FREEWAY

UK STIFF CDBUY 270
c/w FREEWAY


レコードプロデュース経験のあるミュージシャンが集まって結成されたバンド。当初はライヴ中心の活動で、YouTubeなどでその演奏が紹介されていましたが、2007年8月にシングルを発売。アルバム制作も告知されましたが、難航しているうちにChris Braideが脱退。この間、グループ名もThe Producers→Us→Producersと変遷しました。
アルバムは2012年5月発売予定。それを呼び水に、8月にはLolにとっても初となる来日コンサートが決定しました。



Guest appearances
Inga Humpe
Planet Oz
1990

1. Riding Into Blue (Cowboy Song)
Lol on "Who's The Loner" vocals & rhythm guitar
Image

Coming soon

GER WEA 9031-72268-1 (LP)

GER WEA 9031-72268-2 (CD)

Riding Into Blue (Cowboy Song) (single)
1990

GER WEA 9031-71465-7 (7")
Image

Coming soon

GER WEA 9031-71466-0 (12")
Riding Into Blue(Sun Electric Mix)

GER WEA 9031-71466-2 (CD single)
c/w Riding Into Blue (Destry Rides Again) / I Get Along

Neonbabies、Humpe Humpeなどの活動歴があるドイツの歌姫、Inga Humpeのソロ・アルバム。シングルカットされた冒頭の1曲(Trevor Hornプロデュース)にLolがヴォーカルとリズムギターで参加。
アルバムCDにはジャケットのアーティスト名が単に「Inga」となっているものがあります。また、英国盤のCDシングルは表題曲の別ミックスを含む4曲入りだそうです。
Various Artists
Toys: Music From The Original Motion Picture Soundtrack
1992

Lol on musician credits
Winter Reveries
The Closing Of The Year (Main Theme)
Ebudae
The Happy Worker
Alsatia's Lullaby
Workers
Let Joy And Innocence Prevail (Instrumental)
The General
The Mirror Song
Battle Introduction
Welcome To The Pleasuredome (Into The Battle Mix)
Let Joy And Innocence Prevail
The Closing Of The Year / Happy Workers (Reprise)

USA GEFFEN GEFD-24505 (CD)

Trevor Hornがプロデューサーに名を連ねている、映画のサウンドトラック盤。Lolがどの曲に参加しているのか、明記はされていませんが、Trevorが絡んでいる曲のどれかであることは確実と思われます。
Tom Jones
The Lead And How To Swing It
1994

1. If I Only Knew
Lol on guitar & keyboards

GER ZTT 6544-92498-2

JAP
w/OBI + insert

If I Only Knew (single)
1994

UK ZTT ZANG 59CD (CD single)
1. LP version 4'06"
2. Inner City Radio Mix 3'20"
3. T-Empo's "Live From Las Vegas" Club Mix 8'00"
4. Inner City Club Mix 6'24"
5. Inner City Underground Mix 6'24"
6. T-Empo's "Get Those Knickers Off!" Dub 8'30"

JAP
w/OBI

USA INTERSCOPE RECORDS 95809-2
1. LP version 4'06"
3. Inner City Club Mix Vox Up 6'24"
4. Underground Mix 6'24"
5. Dub Mix 6'41"

Trevor Hornがプロデュースしたアルバム(邦題は『快楽天国』)のファースト・シングル(邦題「恋はメキ・メキ」)に、息子のLaloとともに参加。
Rod Stewart
A Spanner In The Works
May 1995

9. Hang On St. Christopher
Lol on electric guitar

UK WARNER BROS 936245867 (CD)

JAP WARNER BROS WPCR-200 (CD)
w/OBI + insert

全12曲中9曲にTrevor Hornがプロデュースで関わり、そのうちの1曲でLolがエレキ・ギターを弾いています。
Glam Metal Detectives
Glam Metal Detectives
Jun. 1995

Hit The Box 1
Everybody Up!
Let's Dance
Crazy Horses
Amazing What You Hear
Shaking All Over
Wicked Witch
'Cum On Feel The Noize
Hit The Box 2
Doing It All For You
Ralston
Funk And Justice For All - The Glams Save The World
Lol co-produce, co-write & perform.


GER ZTT 0630 10339-2


Everybody Up! (single)
1995

UK ZTT ZANG 62CD (CD single)
1. Everybody Up! 2'42"
2. Crazy Horses
3. Everybody Up! (Show Version) 3'04"
4. Everybody Up! (Funk & Justice Mix) 5'27"
BBCの同名コメディ番組のサントラ盤。Lolは、Trevorと曲を共作、共同プロデュースしているほか、演奏もしています。
Tina Turner
Wildest Dreams
1996

6. In Your Wildest Dreams
Lol on keyboards & programming, production assistant

JAP EMI TOCP-8850 (released on 24-4-1996)
w/OBI + insert

In Your Wildest Dreams (single)
(featuring Barry White)
1996

HOL PARLOPHONE 7243 8 83438 2 4 (CD single)
1. In Your Wildest Dreams
4. In Your Wildest Dreams (Joe remix)
ソウルの女王、Tina TurnerがプロデューサーにTrevor Hornを迎えたアルバムからのシングルです。Barry Whiteとのデュエット。
Trevor Horn-Lol Creme-Yiannis-Tarkan- Katia
Pass The Flame (CD single)
The Official Song of the Athens 2004 Olympic Torch Relay
2004
Written and arranged by Trevor Horn and Lol.
Lol on spanish guitar solo, electric guitar solo, guitars, keyboards, drum programming and background vocals

EU EMI 7243 5 49773 2 9 (promo)
c/w Pass The Flame (instrumental)

EU EMI 7243 548758 2 3 (copy controlled CD)
c/w Na To Phos / Pass The Flame (instrumental)

2004年アテネ五輪の聖火リレーのテーマ・ソング。Trevor Hornとの共作・共同アレンジで、スパニッシュ・ギター・ソロ、キーボードなどほとんどの楽器を担当。EU正規盤はコピーコントロールCDですが、プロモ盤は通常CDです。
Lisa Stansfield
The Moment
2004

Treat Me Like A Woman Lol on guitar
When Love Breaks Down Lol on clavinet
Say It To Me Now Lol on electric guitar

Album Sampler (CD-Maxi)
The Moment
Easier
Treat Me Like A Woman
When Love Breaks Down
Say It To Me Now

UK ZTT ZTT191CDP (promo)

USR ZTT 5 055041 805621

JAP ZTT XECZ-1040 (released on 15-9-2010)
w/OBI+insert, paper sleeve
Gold Edition

GER ZTT 0171022ERE (released in 2006)
w/2 bonus tracks, 2PVs, desktops & photo gallery

ZTTに移籍したLisa StansfieldをTrevor Hornがプロデュースした2004年のアルバム。シングルカットされた「Treat Me Like A Woman」など3曲に参加。日本盤は2010年に紙ジャケで発売されました。また、2006年発表のゴールド・エディションにはボーナストラック2曲のほか、CD-ROMパートが収録されており、「Treat Me Like A Woman」のプロモ・ヴィデオなどが見られます。
Kate Bush
Aerial
Nov. 2005
King of the Mountain
π
Bertie
Mrs. Bartolozzi
How to Be Invisible
Joanni
A Coral Room
Prelude
Prologue
An Architect's Dream
The Painter's Link
Sunset
Aerial Tal
Somewhere in Between
Nocturn
Aerial
Lol on backing vocals

EU EMI 00946 3 46215 2 6 (2CD)

JAP EMI TOCP-66474/5 (2CD)
w/OBI+insert

Kate Bushの12年ぶりとなるアルバム(2枚組CD)に参加。曲ごとのクレジットはありませんが、「π」「Aerial」の2曲でバック・ヴォーカルを務めているようです。
Pet Shop Boys
Concrete
2006
Lol on backing vocals
Left To My Own Devices
Rent
You Only Tell Me You Love Me When You're Drunk
The Sodom And Gomorrah Show
Cassanova in Hell
After All
Friendly Fire
Integral
Numb
It's Alright
Luna Park
Nothing Has Been Proved
Jealousy
Dreaming Of The Queen
It's A Sin
Indefinite Leave To Remain
West End Girls

EU PARLOPHONE 00946 378585 2 3 (2CD)
Live at the Mermaid Theatre, London, May 8, 2006

2006年5月、ロンドンでのライヴにバック・ヴォーカルで参加しています。
Escala
Escala
May 2009

8. Feeling Good
Lol on guitar

USA SYCO MUSIC 88697474232

英国のオーディション番組「Britain's Got Talent」で最終ステージまで残った女性弦楽カルテットのデビューアルバム。Led Zeppelinの「Kashmir」、Wingsの「Live And Let Die」など全11曲をTrevor Hornがプロデュース。「Feeling Good」は「The Roar of the Greasepaint - The Smell of the Crowd」という1965年のミュージカルのために書かれた曲で、Nina Simoneをはじめ多くのアーティストがカヴァーしています。
Robbie Williams
Reality Killed The Video Star
Nov. 2009
12. Won't Do That
Lol on guitar and back vocals

UK VIRGIN 5099930969629

JAP EMI TOCP-66915
w/OBI+insert



Olly Murs
Olly Murs
Nov. 2010

12. A Million More Years
co-written by Lol
Lol on guitar

UK EPIC 88697765022


Seal
Soul 2
Nov. 2011

2. Love T.K.O.
3. Ooh Baby Baby
11. Oh Girl
Lol on Electric Guitar

UK Reprise 9362-49547-1

JAP WARNER WPCR-14372 (released in Feb., 2012)





Producing
Glam Metal Detectives
Glam Metal Detectives
1995
See above!



Songwriting
Cher
It's A Man's World
1995

Shape Of Things To Come
written by Lol and Trevor Horn

GER WEA 0630-12670-2

JAP WEA WPCR-557

Grahamがかつて「Behind Door」を提供したことでも知られるCher。全14曲のうち3曲をTrevor Hornがプロデュース。その関係で、Lolが曲作りに参加しています。なお、米国盤は全11曲で、「Shape Of Things To Come」は収録されていません。
Julian Velard
Mr.Saturday Night
2011

Sentimental
co-written by Lol



アルバム『Mr.Saturday Night』からのシングル。珍しく、Trevor Hornとは無関係な作品です。





G&C SESSIONS & PRODUCING

KEVIN GODLEY SESSIONS




HOME