Kasenetz-Katz Sessions

バブルガム・ミュージックの総本山、カセネッツ・カッツ・プロダクションに依頼されてGrahamが曲作りを始め、
やがてレコーディングまで頼まれたのが以下の作品群です。所属アーティストが実在しながら、A面は実質的に
のちの10ccがプレイしているという例が多く見受けられます。Grahamによると、レコードとして市販されたもの
だけでも20枚以上あったとされ、その全貌は未だ掴みきれていませんが、可能性の高いものとして、
Shadows Of KnightMy Fire Department Needs A FiremanCrazy ElephantPamが挙げられます。


Ohio Express - Sausalito (Is The Place To Go)
Jul. 1969
A side: written by Gouldman
Graham on lead vocal

UK BUDDAH 201065
c/w Make Love Not War
英国盤のみ、作曲クレジットが
AB面入れ違っています。

FRA BUDDAH 201065
c/w Make Love Not War

FRA BUDDAH 610 043
(another sleeve)
c/w Make Love Not War

GER BUDDAH 201065
c/w Make Love Not War

HOL BUDDAH 201065
c/w Make Love Not War

ITA BUDDAH BD 75.021 (B side)
c/w Grazia (Mercy)
Mercyのイタリア語ヴァージョンがA面に収録
されたイタリア盤。写真は裏ジャケです。

JAP BUDDAH LL-2307-DA
c/w Make Love Not War

SIN BUDDAH 201065
c/w Make Love Not War

SPA BUDDAH 201 065
c/w Make Love Not War

USA BUDDAH BDA 129 (demo)
c/w Make Love Not War

USA BUDDAH BDA 129
c/w Make Love Not War


「Yummy,Yummy,Yummy」「Chewy, Chewy」などのヒットで知られるOhio Express後期の小ヒット曲。
Grahamがリード・ヴォーカルをとっていることで有名で、たびたびCD化されています。


Ohio Express - Tampa, Florida
written by Gouldman

USA BUDDAH BDA 171

詳細不明、存在未確認の一枚。曲は、
のちにPeter Cowapがシングルカットしたものと同一と思われます。


Crazy Elephant - There Ain't No Umbopo
May 1970
A side: written by Godley / Creme, sung by Kevin
co-produced by Gouldman

USA BELL 875 (promo)
c/w Land Rover

USA BELL 875
c/w Land Rover

ARG PARLOPHONE 1341
c/w Land Rover

FRA BELL 2C 006-91465 M
c/w Land Rover

GER BELL 875 (PROMO)
c/w Land Rover

GER BELL 875
c/w Land Rover



これも実在グループですが、少なくともA面の演奏は10ccであると考えられます。
アルバム未収録で、英国でのリリースはありませんでした。


Doctor Father - Umbopo
14 Aug. 1970
A side: written by Godley / Creme; Kevin on vocal
B side: written by Godley / Stewart / Creme; Eric on vocal
produced by L. Creme Strawberry Studio
(U.S. issue prod. by Creme / Godley / Stewart)

UK PYE 7N 17977 (demo)
c/w Roll On

UK PYE 7N 17977
c/w Roll On

ARG PYE 31.586
c/w Roll On

CAN PYE 7N 17977
c/w Roll On

GER PYE 14719 AT
c/w Roll On

ITA PYE P 67027
c/w Roll On

POR PYE 7N 17977
c/w Roll On

USA CAPITOL P-2948
c/w Roll On
another version

USA CAPITOL 2948
c/w Roll On
another version

なぜHotlegsではないのか? と思うほど時期的にもメンバー的にも同一な一枚。
クレジットにはGrahamの名はありませんが、当然参加しています。
Kevinと、それを支えるバックヴォーカルの分厚さが特徴的な曲で、これを聴いたNeil Sedakaが
復帰作「Solitaire」のバックに彼らを指名したといわれているほどです。
米国盤はショート・ヴァージョンです。
B面はEricのヴォーカリストとしての成長の跡がうかがえるナンバー。
短いドラムロールの後、Hotlegsの「Today」そっくりのイントロとともに始まります。
ファンキーなヴォーカルは、Ericファンなら必聴もの。
イタリア盤がピクチャー・スリーヴ付きで出ていたのには驚きました。


Silver Fleet - Come On Plane
Feb. 1971
A side: co-written by Gouldman
Kevin on lead vocal
co-produced by Gouldman

GER HANSA 10045 AT
c/w Look Out World

USA UNI 55271 (PROMO)
c/w Look Out World

USA UNI 55271
c/w Look Out World

A面はテンポのいい曲です。ヴォーカルはKevinと思われます。
B面のヴォーカルは他人(Silver Fleet)によるものと思われますが、
ドラムをはじめ、バックの演奏は10ccとみていいと思います。
西ドイツ盤を発見しました。銀色のバックに、ルフトハンザ機が飛び立っていくデザインです。


Fighter Squadron - When He Comes
Mar. 1971
A side: co-written by Gouldman
Kevin on lead vocal
B side: Lol on lead vocal
co-produced by Gouldman
KASNAT & KATZ FIGHTER SQUADRON

GER HANSA 10047 AT
c/w Ah-La

USA BELL 966 (promo)
c/w Ah-La
red letter label

USA BELL 966 (promo)
c/w Ah-La
black letter label


Doctor FatherがEricファン必聴なら、こちらはKevinファン必聴の熱唱です。
この曲もコーラスが印象的です。
B面のヴォーカルは特定しづらい声質ですが、たぶんLolでしょう。
曲はHotlegsのだと言ってもそのまま通りそうな音です。
英国盤は出ていませんが、ドイツ盤があります。


Freddie & The Dreamers - Susan's Tuba
Apr. 1971
A side: Written and sung by Graham

UK PHILIPS 6006 098
c/w You Hurt Me Girl

BEL DISC AZ SG 181
c/w She Needs Me

FRA DISC AZ SG 181
c/w She Needs Me

GER HANSA 14644 AT
c/w She Needs Me

HOL DISC AZ A.Z. 2030 H
c/w She Needs Me

USA SUPER-K 146 (B side)
c/w She Needs Me

「スーザンズ・チューバ、ドゥービドゥービドゥバ」というアンマリな詞に、
Freddieが歌うのを拒否したといわれる曲(結局歌っています)。
後年、Graham自身、この曲のことは忘れてしまいたいと話しています。
Philips(米ではSuper−K)移籍後のシングルであるため、
ベストCDなどでも取り上げられることがなく、幻の曲になっています。








HOME
COPYRIGHT2001 A.Oyama