Graham Gouldman Compositions



Part 1: Pre-10cc Era (1965-1972)
Part 2: 10cc Era (1972-1983)
Part 3: Post-10cc Era (1984 - Present)



Part 1: Pre-10cc Era (1965-1972)
RELEASE DATETITLEARTIST CATALOGUE NUMBER &
REMARKS
Feb. 1965That's How (It's Gonna Stay)The MockingbirdsColumbia DB 7480
I Never Should've Kissed You
Feb. 1965For Your LoveYardbirds Columbia DB 7499
also recorded by The Mockingbirds
(acetate only)
May 1965I Can Feel We're PartingThe Mockingbirds Columbia DB 7565
co-written with Silverman
The Flight Of The Mockingbird Columbia DB 7565
co-written with Godley, Basso, Jacobsen
Circa 1965Love Is Just A GameLittle FrankieColumbia DB 7578
May 1965Heart Full Of SoulYardbirdsColumbia DB 7594
Aug. 1965Look Through Any WindowHolliesParlophone R 5322
Sep. 1965Happy, That's MeLittle FrankieColumbia DB 7681
Sep. 1965Evil Hearted YouYardbirdsColumbia DB 7706
Oct. 1965I'm Gonna Take You ThereDave BerryDecca F 12258
Oct. 1965You Stole My LoveThe MockingbirdsImmediate IM 015
Skit Skat
Nov. 1965A Little While BackThe ShindigsParlophone R 5377
Why Say Goodbye
Jan. 1966Getting NowhereFriday BrowneParlophone R 5396
Feb. 1966Stop! Stop! Stop!(Or Honey I'll Be Gone...)Graham GouldmanDecca F 12334
Better To Have Loved And Lost
Circa 1966Cry All NightGraham Gouldmanacetate only
Mar. 1966Listen PeopleHerman's HermitsColumbia DB 7861
Sarah JanePye 7N 17114
Apr. 1966Behind The DoorSt. Louis UnionDecca F 12386
(Dec. 1966)CherLiberty LIB 12046 (USA)
Apr. 1966I'm 28Toni BasilA&M 791 (USA)
(Jun. 1967)P. J. Proby
Jun. 1966Bus StopHolliesParlophone R 5469
Sep. 1966The Cost Of LivingDownliners SectColumbia DB 8008
Sep. 1966No Milk TodayHerman's HermitsColumbia DB 8012
Oct. 1966My StoryThe MockingbirdsDecca F-12510
Nov. 1966East WestHerman's HermitsColumbia DB 8076
Nov. 1966Pamela, PamelaWayne FontanaFontana TF 770
Nov. 1966Hey Mom Hey DadThe 3 1/2Cameo 442
Nov. 1966People Passing ByHigh SocietyFontana TF 771
Circa 1966My FatherJonah P. Jones
Jul. 1967TallymanJeff BeckColumbia DB 8227
Sep. 1967The Impossible YearsWayne FontanaFontana TF 866
Dec. 1967SchoolgirlThe MindbendersFontana TF 877
Dec. 1967Naughty Nippon NightShadows
Circa 1967Upstairs, DownstairsHerman's Hermits
Circa 1967Going HomeNormie RowePolydor 56159
Jan. 1968Mercel'sHerman's HermitsColumbia DB 8327
Aug. 1968The Man Who Loved TreesThe MindbendersFontana TF 961
Circa 1968PawnbrokerGraham Gouldman
Circa 1968Who Are They
Circa 1968Chestnut
Circa 1968Ooh She's Done It AgainHerman's Hermits
Circa 1968Lemon And Lime
Circa 1968It's Nice To Be Out In The Morning
Circa 1968The World Is For The Young
Circa 1968The London LookHerman's Hermits
Apr. 1969Harvey's ThemeGraham Gouldman OrchestraSpark SRL 1026
Aug. 1969Sausalito (Is The Place To Go)Ohio ExpressBuddah 201065
Sep. 1969The Late Mr. LateGraham Gouldman "Marmalade 100 Proof"
MARMALADE 643-314
Sep. 1969Sad And LonelyGarden Odyssy EnterpriseDeram DM 267
Circa 1969?HotelGraham Gouldman(acetate only)
Circa 1969Wheel SpinsGraham Gouldman(acetate only)
Circa 1969Some PeopleChords FiveJay Boy BOY 6
Circa 1969It's All Right NowHerman's Hermitsas Hilary
Jul. 1970CricketsPeter Cowap PYE 7N 17976
as Hillary co-written with Cowap
Wicked Melinda
Dec. 1970Santa ClausLeslie Crowther PYE 7N 45020
as S. Hilary
Feb. 1971Come On PlaneSilver Fleet UNI 55271 (USA)
co-written w/Kasenetz−Katz
Mar. 1971When He ComesFighter Squadron BELL 966 (USA)
co-written
Mar. 1971The Man With The Golden GunPeter Cowap PYE 7N 45042
co-written with Cowap
Tampa, Florida
Mar. 1971San TokayEric Elder PHILIPS 6006 081
co-written with Woolfson
Apr. 1971Susan's TubaFreddie & The DreamersPHILIPS 6006 098
Jun. 1971SafariPeter Cowap PYE 7N 45071
co-written with Cowap
Oh Soloman
Circa 1971Have You Ever Been To GeorgiaTony Christie
The Peddlers
Jan. 1972Nowhere To GoGraham GouldmanCBS CBS 7739
Growing Older
Jan. 1972The JokerGarden Odyssey RCA 2159
co-written
Jan. 1972Willie MorganTristar Airbus
Travellin' Man
Mar. 1972Because You're TherePeter Nooneco-written with Noone
Apr. 1972For Ever Ever-TonEverton Football Club
Apr. 1972Boys In BlueManchester City F. C.co-written with KG, LC
Funky City



That's How (It's Gonna Stay)
I Never Should've Kissed You
The Mockingbirds
Feb. 1965

Columbia DB 7480
Grahamが自らのバンドのデビュー曲として作曲したFor Your Love(次項)をYardbirdsに奪われてしまった
ため、急遽、新たに作られた曲。したがって、Grahamの作品としては2作目になるはずだが、英国盤のカタロ
グ番号はこちらの方が若い番号になっている。


For Your Love
Yardbirds
Feb. 1965

元々Mockingbirdsのために作られた曲だが、デモ録音を聴いたYardbirdsのマネジャーGeorgio Gomelsky
が「これは売れる」と判断、Yardbirdsに録音させてしまった。彼の判断は正しく、シングルは全英3位の大ヒット
を記録するが、ポップ路線に嫌気が差したEric Claptonの脱退という皮肉な結果を生む。実際、この曲のレコ
ーディングには、Claptonは参加していないといわれる。
全く印象の異なる2つのメロディーを組み合わせた、当時のGraham得意のスタイルだが、Yardbirdsの代表曲
として、数多くのアーティストにカヴァーされている。
上の画像はフランス盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


I Can Feel We're Parting
The Flight Of The Mockingbird (co-written)
The Mockingbirds
May 1965

Columbia DB 7565
Mockingbirdsの第2弾シングル。B面はメンバー全員の共作によるインストゥルメンタル。


Love Is Just A Game
Little Frankie
Circa 1965

Columbia DB 7578 (demo) (regular)
マンチェスター出身の少女歌手のシングル「Make-A-Love」のB面。
Peter Cowapが在籍していたCountry Gentsともつながりがあり、
後にコラボレーションを行うCowapの人脈の一人だったと考えられる。
なお、これと前のシングル「The Kind Of Boy You Can't Forget」も、
A Charles Harvey Prod.とクレジットされているが、実質的には
Grahamのプロデュースによるものと言われている。


Heart Full Of Soul
Yardbirds
May 1965

Eric Clapton脱退後に発表され、全英2位を記録。当初、シタールによる演奏を想定して書かれ、
実際にレコーディングもされたが、発売されたのはJeff Beckのギターをフィーチュアしたヴァージョンだった。
シタール・ヴァージョンは現在では複数のCDに収録されている。
上の画像は日本盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


Look Through Any Window
Hollies
Aug. 1965

全英4位を記録したHollies初期のヒット。日本ではなぜかシングルカットされず、
代わりに上のコンパクト盤(4曲入りEP)が発売された。
画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


Happy, That's Me
Little Frankie
Sep. 1965

Columbia DB 7681
A Charles Harvey Prod.とクレジットされているが、実質的には
両面ともGrahamのプロデュースによるものと言われている。


Evil Hearted You
Yardbirds
Sep. 1965

Yardbirdsへの提供3作目。この曲も全英3位の大ヒットを記録した。邦題は「いじわるっ娘」
(日本でのシングルカットはされていない)。
上の画像は西ドイツ盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


I'm Gonna Take You There
Dave Berry
Oct. 1965

「The Crying Game」「Little Things」などのヒットで知られるR&Bシンガーの65年のシングル。
哀愁を帯びたリフが印象的なGrahamらしい作品だが、ヒットはしなかった。
上の画像はオランダ盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


You Stole My Love
Skit Skat
The Mockingbirds
Oct. 1965

Immediate IM 015
The Mockingbirdsがイミディエイト・レーベルに残した唯一のシングル。
詳細はThe Mockingbirdsの項で(画像をクリックすると移動します)。


A Little While Back
Why Say Goodbye
The Shindigs
Nov. 19, 1965

Parlophone R 5377 (demo) (regular)
Deep PurpleのIan Paiceが在籍したことで知られるグループ(このシングル発表時に在籍していたかどうかは不明)。
本作を含めシングル2枚だけの活動に終わったらしい。


Getting Nowhere
Friday Browne
Jan. 1966

Parlophone R 5396 (demo) (regular)
後にGrahamらとユニットHigh Societyを結成するマンチェスター出身の女性歌手のシングル。
このシングルだけ苗字に「e」がついているが、同一人である。
別のシングル「Ask Any Woman」をプロデュースしたり、70年代には
ストロベリー・スタジオでセッションしたりと、つながりは深い。


Stop! Stop! Stop!(Or Honey I'll Be Gone...)
Better To Have Loved And Lost
Graham Gouldman
Feb. 1966

Decca F 12334
Grahamのファースト・ソロ・シングル。ベース・トラックがなんとなくスイム調である。
詳細はGraham Gouldmanの項で(画像をクリックすると移動します)。


Cry All Night
Graham Gouldman
Circa 1966

acetate only
アセテート盤のみ存在するという作品。私も音しか持っていません。
1995年にFffがリリースした「Then There's A Knock At The Door」は
Eric Stewartが別の詞をつけて改題したものです(クレジットはStewart/Gouldman)。


Listen People
Herman's Hermits
Mar. 1966

Sarah Jane
May 1966

Pye 7N 17114

3カ月の間に相次いで発表されたシングル(Herman's Hermitsの英国盤は「You Won't Be Leaving」のB面)。
上のHerman's Hermitsの画像は日本盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


Behind The Door
St. Louis Union
Apr. 1966

Decca F 12386(UK), Decca 26.060(BEL)
Cher
Dec. 1966


St. Louis UnionはBeatlesのカヴァー「Girl」で有名な英国のビート・バンド。彼らが残した3枚のシングルのうちの1枚。
Cherは現在も活躍中の米国の歌姫。(Cherの各国盤は準備中です)


I'm 28
Toni Basil
Apr. 1966

A&M 791 (demo) (USA)
P. J. Proby
Jun. 1967


Friday Browneに書いた「Getting Nowhere」のリメイク。
Toni Basilは1980年代、「Mickey」の大ヒットで知られるが、これは彼女のデビュー・シングル
(もっとも、上の写真の通りプロモ盤は見つかるが、正規発売盤はいまだに見かけたことがない)。
P.J.Probyのヴァージョンはアルバム「Enigma」に収録。


Bus Stop
Hollies
Jun. 1966

全英5位の大ヒットを記録した彼らの代表曲。特に日本での知名度は高いようです。
上の画像は日本盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


The Cost Of Living
Downliners Sect
Sep. 1966

UK Columbia DB 8008

NOR

SWE

モッズ・ビート・バンドの最後期のシングル。クレジットはGouldman/Cowap/Lisberg。
Peter Cowapのシングルとの共通点も感じられることから、彼の持ち味が出ているものと考えられる。


No Milk Today
Herman's Hermits
Sep. 1966

全英7位を記録した、彼らの代表曲。GG's10ccのライヴでもセットに加えられており、Graham自身の愛着も伺える。
「今日は牛乳いりません」という張り紙を実際に見て、インスパイアされたものだという。
上の画像は西ドイツ盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


My Story
The Mockingbirds
Oct. 1966

Decca F-12510
Mockingbirds最後のシングル「How to Find A Lover」のB面。
詳細はThe Mockingbirdsの項で(画像をクリックすると移動します)。


East West
Herman's Hermits
Nov. 1966

全英37位の中ヒットとなったシングル。後にMorrisseyがカヴァーしたことでも有名になった。
上の画像はオランダ盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


Pamela, Pamela
Wayne Fontana
Nov. 1966

Wayne Fontana4枚目のソロ・シングル。KevinとLolが思いついたストーリーからインスパイアされて
Grahamが書き上げた曲。全英11位のスマッシュ・ヒットを記録し、ソロになったWayneの健在ぶりをアピールした。
上の画像はオランダ盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


Hey Mom, Hey Dad
The 3 1/2
Nov. 1966

Cameo 442 (USA demo)
米国のみで発売の1枚。B面は、MindbendersでおなじみのToni Wine & Carole Bayerの作品。


People Passing By
High Society
Nov. 1966

Fontana TF 771
GrahamがPeter Cowap、Friday Brown、Christine Ebbrellらと組んだヴォーカル・ユニットの唯一のシングル。
詳細はGouldman's Early Projectの項で(画像をクリックすると移動します)。


My Father
Jonah P. Jones
Circa 1966

Decca 32390 (demo) (regular) ともにUSA
Grahamのソロ・アルバム「The Graham Gouldman Thing」にも採り上げられた曲。


Tallyman
Jeff Beck
Jul. 1967

Jeff Beckのセカンド・ソロ・シングル(ただし、レコーディング・メンバーは第1期Jeff Beck Group)。
ヴォーカルはRod Stewart。全英30位を記録。ちなみにタイトルは「分割払い屋」の意味だそうである。
上の画像はスウェーデン盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


The Impossible Years
Wayne Fontana
Sep. 1967

Fontana TF 866
Wayne Fontana6枚目のソロ・シングル。「The Graham Gouldman Thing」にも採り上げられている。


Schoolgirl
The Mindbenders
Dec. 1967

Fontana TF 877
元々Holliesのために書かれ、没になったのをMindbendersが取り上げたもの。
詳細はThe Mindbendersの項で(画像をクリックすると移動します)。


Naughty Nippon Night
The Shadows
Dec. 1967

アルバム「From Hank,Bruce,Brian And John」収録のインストゥルメンタル。
EU盤CD(EMI 7243 4 99767 2 6)にはモノラルとステレオの2ヴァージョンが収められている。


Upstairs, Downstairs
Herman's Hermits
Circa 1967

アルバム「Blaze」収録。「The Graham Gouldman Thing」にも採り上げられている。


Going Home
Normie Rowe
Circa 1967

UK
Polydor 56159

AUS

オーストラリアの大物ソロ・シンガーに提供したこの曲は全豪7位を記録した。


Mercel's
Herman's Hermits
Jan. 1968

Columbia DB 8327
「I Can Take Or Leave Your Loving」のB面。
上の画像はベルギー盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


Uncle Joe, The Ice Cream Man
The Mindbenders
Aug. 1968

Fontana TF 961
Graham加入後唯一となる、Mindbenders最後のシングル。B面はEric作。アレンジはJohn Paul Jones。
詳細はThe Mindbendersの項で(画像をクリックすると移動します)。


Pawnbroker
Who Are They
Chestnut
Graham Gouldman
Circa 1968

米国とカナダのみで発売された、彼のセルフ・カヴァー集。全11曲中、上記の3曲は提供相手が不明なもの。
詳細はGraham Gouldmanの項で(画像をクリックすると移動します)。


It's Nice To Be Out In The Morning
Ooh She's Done It Again
Lemon And Lime
The World Is For The Young
Herman's Hermits
Circa 1968

Herman's Hermitsの主演映画「ミセス・ブラウンのお嬢さん」のオリジナル・サウンドトラック盤に
Graham作品が4曲収録されている。


The London Look
Herman's Hermits
Circa 1968

ヤードリー化粧品(スリ−ヴ四隅の花びらのようなものがトレードマーク)のコマーシャルソングとして作られた曲。
キャッチーなメロディと覚えやすいサビはさすがGrahamの面目躍如というところ。
上の画像はベルギー盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


Harvey's Theme
Graham Gouldman Orchestra
Apr. 1969

Spark SRL 1026
「Windmills Of Your Mind」(邦題「風のささやき」)のB面で、Grahamの義兄(当時)でマネージャーの
Harvey Lisberg氏をイメージしたインストゥルメンタル。
詳細はGraham Gouldmanの項で(画像をクリックすると移動します)。


Sausalito (Is The Place To Go)
Ohio Express
Aug. 1969

Kasenetz-Katzプロダクションに依頼されて書いたシングル。リード・ヴォーカルも担当。
詳細はKasenetz-Katz Sessionsの項で(画像をクリックすると移動します)。


The Late Mr. Late
Graham Gouldman
Sep. 1969

included on "Marmalade 100 Proof"
MARMALADE 643-314
MARMALADEのレーベル・サンプラー・アルバムに残された2曲のうち、1曲がGrahamの作品だった。
なお、「Late The Late」とタイトルされたアセテート盤も存在し、同じもの、もしくは本作の原型と考えられる。
詳細はMarmaladeの項で(画像をクリックすると移動します)。


Sad And Lonely
Garden Odyssy Enterprise
Sep. 1969

DERAM DM 267

France DERAM 17.037 (front / back)

正体不明のスタジオ・バンド。「Garden Odyssy」名義でシングル「Joker」をリリースもしている
(Strawberry Jamの項参照)。10cc4人の変名である可能性も、無きにしも非ずである。


Hotel
Graham Gouldman
Circa 1969?

(acetate only)
アセテートのみ存在する超レアな曲。「Sheet Music」収録の同名曲とはまったくの別物。
詳細はGraham Gouldmanの項で(画像をクリックすると移動します)。


Wheel Spins
Graham Gouldman
Circa 1969

(acetate only)
これもアセテートのみ存在する超レアな曲。
詳細はGraham Gouldmanの項で(画像をクリックすると移動します)。


Some People
Chords Five
Circa 1969

Jay Boy BOY 6 (demo) (regular)
Chords FiveはThe Smokeの別名義だったらしい。
現在はThe Smokeの編集盤CDで聴くことができる。


It's All Right Now
Herman's Hermits
Circa 1969

後期のシングル「Here Comes The Star」のB面。作曲クレジットはHilary名義になっている。
上の画像はフランス盤。画像をクリックすると各国盤スリーヴが見られます。


Crickets
Wicked Melinda
Peter Cowap
Jul. 31, 1970

PYE 7N 17976
as Hillary co-written with Cowap
Herman's Hermitsの2代目リード・ヴォーカリストのソロ第1弾シングル。
この2曲もHillary名義(Cowapとの共作)。
詳細はStrawberry Jamの項で(画像をクリックすると移動します)。


Santa Claus
Leslie Crowther
Dec. 4, 1970

PYE 7N 45020
as S.Hilary
英国のコメディアンで俳優でもあるLeslie Crowtherによるクリスマス・ソング。この曲はS.Hillary名義。
詳細はStrawberry Jamの項で(画像をクリックすると移動します)。


Come On Plane
Silver Fleet
Feb. 1971

co-written w/Kasenetz−Katz
Eric、Kevin、Lol、Grahamの4人による変名シングル。リード・ヴォーカルはKevin。
Kasenetz−Katzとの共作。
詳細はKasenetz-Katz Sessionsの項で(画像をクリックすると移動します)。


When He Comes
Fighter Squadron
Mar. 1971

BELL 966 (USA)
co-written Kasenetz−Katz
これもEric、Kevin、Lol、Grahamの4人による変名シングル。リード・ヴォーカルはKevin。
Kasenetz−Katzとの共作。
詳細はKasenetz-Katz Sessionsの項で(画像をクリックすると移動します)。


The Man With The Golden Gun
Tampa, Florida
Peter Cowap
Mar. 1971

PYE 7N 45042
co-written with Cowap
Cowapのソロ第2弾シングル。A・B面ともCowapとの共作。
詳細はStrawberry Jamの項で(画像をクリックすると移動します)。


San Tokay
Eric Elder
Mar. 1971

PHILIPS 6006 081
co-written with Woolfson
後にAlan Parsons Projectを結成するEric Woolfsonの変名シングル。
A面をWoolfsonと共作。
詳細はStrawberry Jamの項で(画像をクリックすると移動します)。


Susan's Tuba
Freddie & The Dreamers
Apr. 1971

Kasenetz-KatzのSuper-Kレーベルからリリースされた
Freddie & The Dreamersのシングル(Cordellとの共作)。
詳細はKasenetz-Katz Sessionsの項で(画像をクリックすると移動します)。


Safari
Oh Soloman
Peter Cowap
Jun. 11, 1971

PYE 7N 45071
co-written with Cowap
Cowapのソロ第3弾シングル。A・B面ともCowapとの共作。
詳細はStrawberry Jamの項で(画像をクリックすると移動します)。


Have You Ever Been To Georgia
Tony Christie
Circa 1971

USA demo
KAPP K-2149
Garden Odyssey
Jan. 14, 1972

RCA2159
B side of "The Joker"
The Peddlers
Jan. 1972

UK
PHILIPS 6006 141

3ア−ティストの競演となった、カントリー風の曲。邦題は「ジョージアに行ったかい」。
詳細はStrawberry Jamの項で(画像をクリックすると移動します)。


Nowhere To Go
Growing Older
Graham Gouldman
Jan. 14, 1972

CBS CBS 7739
Eric WoolfsonのプロデュースによるGrahamのソロ・シングル。
A面はストリングスをフィーチュアした哀感あふれるバラード。
B面はPaul McCartneyを意識したような曲調で、Gouldman作品の中でも五指に入る隠れた名曲。
詳細はGraham Gouldmanの項で(画像をクリックすると移動します)。


The Joker
Garden Odyssey
Jan. 14, 1972

RCA 2159
co-written Greenfield
正体不明のスタジオ・バンドによる第2弾(Barry Greenfieldとの共作)。
詳細はStrawberry Jamの項で(画像をクリックすると移動します)。


Willie Morgan
Travellin' Man
Tristar Airbus
Jan. 28, 1972

RCA 2170
イングランドを代表するサッカーの強豪マンチェスター・ユナイテッドのサポーターズ・ソング。
A面で共作しているSmithについては詳細不明。
詳細はStrawberry Jamの項で(画像をクリックすると移動します)。


Because You're There
Peter Noone
Mar. 1972

co-written with Noone
HermanことPeter Nooneのソロ独立後のシングル(Nooneとの共作)。
詳細はStrawberry Jamの項で(画像をクリックすると移動します)。


For Ever Ever-Ton
Everton Football Club
Apr. 1972

PHILIPS 6006 253
サッカーチーム、エヴァートンFCのサポーターズ・ソング。Grahamはプロデュースも手がけている。
詳細はStrawberry Jamの項で(画像をクリックすると移動します)。


Manchester City F. C.
Boys in Blue
Funky City
Apr. 1972

co-written with KG, LC
地元のサッカーチーム、マンチェスター・シティFCのサポーターズ・ソング。両面とも、Kevin、Lolとの共作。
詳細はStrawberry Jamの項で(画像をクリックすると移動します)。








HOME